プロミスキャッシングは学生でもお金を借りることは可能?

プロミスキャッシングは学生でもお金を借りることは可能?

プロミスキャッシングは学生でもお金を借りることは可能?

プロミスは業界でもトップクラスの消費者金融でもあり、

 

知名度が高いことから初心者の方でも安心してお金を借りることができます。

 

審査の時間も最短で30分と短く、

 

即日融資も可能なのでいざという時にとても便利ですが、

 

急にお金が必要になるのは社会人に限らず学生も同様です。

 

特に学生の方は一人暮らしで親元を離れていることが多く

 

家賃の支払いや生活費、また急な飲み会なども多いものです。

 

アルバイトをしていても次の給料日までお金が足りなくなるという事態に陥ることは珍しくありません。

 

学生だとプロミスでお金借りることができないと諦めている人もいますが、

 

プロミスは20歳以上なら学生でも一定の収入を得ているのであればお金借りることができます。

 

学生なので一定の収入がないと思ってしまいますが、

 

アルバイトをして少しでも収入を得ていれば申込みは可能ですし、審査の対象となります。

 

ただしアルバイトを始めたばかりの場合は定期的に収入を得ているといった実積を残す必要があります。

 

最低でも半年から1年以上、勤続年数が長ければ長いほど信用度が高くなるので審査に有利に働きます。

 

また、給与額も多ければ多いほど有利なので、

 

8万円以上の月収を得ていれば審査に通過する可能性は高くなります。

 

無職でもプロミスでお金を借りる事はできるのか?

プロミスキャッシングは学生でもお金を借りることは可能?

プロミスは消費者金融であるため、総量規制の対象になります。

 

そのため、全く収入のない無職の場合は年収が0であるため、

 

利用できる年収の3分の1の金額も0であり、お金を借りることはできません。

 

ただし、無職と言っても状況によってはお金を借りることができることもあるため、

 

プロミスに相談します。安定した収入を得られる見込みが一切ない場合は利用できませんが、

 

既に会社から内定が出ており、入社するまでの期間にお金が足りなくて借りたい、というケースでは相談して審査に通ることがあります。

 

年収として認められるものがあれば、正社員である必要はありません。

 

契約社員やアルバイト、パートなどの収入は年収として扱われるため、問題なく利用できます。

 

年収としては認められない、仕送りやギャンブルなどの収入では、どんなに高額の収入を得ていたとしても審査には通りません。

 

また、無職でも専業主婦の場合、配偶者貸付制度によって配偶者の収入で借りられる場合がありますが、

 

これは配偶者に収入があれば貸しても良いという制度であり、貸さなければならないという制度ではありません。

 

配偶者貸付制度は実際には認めていない金融業者も多く、プロミスでも認めていません。

 

主婦がお金を借りたい場合、パートやアルバイトで少しでも収入を得ておくようにします。

カードローンの比較について

世の中アベノミクスで円安、株高と景気のいい話が聞こえてきていて、自身の所得の増加が期待される世の中になって来ている面もあります。しかし、好景気の次は不景気が続くのも世のならいであり、いつまた景気が悪くなるかは見当がつきません。

 

カードローンは、不測の事態でお金が必要になった時などに役に立ちます。カードローンをつくっておきたいけれど、どの金融会社にすればいいかわからず、迷っているという方もいるようです。金融会社から受けられる融資の金額は、年収の三分の一をオーバーしてはいけないことになっているため、貸付上限金額は上限額が決まっているようなものです。

 

出来るだけ低金利の金融会社でカードローンの申込みをすることが重要です。金利が低いほど、利息を低く抑えられるからです。100万円を1年間借り続けると、金利1%につき1万円の利息差が出てしまいます。大口の融資を受ける時ほど、金利は安いほうがお得になります。

 

おおよその金利の目安として、各銀行が設定しているカードローンが比較的、低い傾向にあります。また、給与振り込み用の口座を持っている銀行なら、カードローンの審査がスムーズになるようです。銀行がバックにある消費者金融会社は、銀行ほどではなくても、他の金融会社と比較しても低金利で融資をしてくれるといいます。

 

カードローンの申込みを、ノンバンクの金融会社で行うことも可能ですが、金利がやや高めなので、できれば銀行や、銀行系の消費者金融会社がいいでしょう。カードローンの貸付条件は、金利の他にも知っておきたいことがあります。

 

カードローンでは、利用残高によってポイントが入るタイプのものありますので、各金融会社の貸付条件をチェックしてから、金融会社を選ぶといいでしょう。