プロミスキャッシング 総量規制について

プロミスキャッシングの総量規制について

プロミスキャッシング 総量規制について

日常生活の中でふと生じたお金の必要性を充たすにあたり、

 

消費者金融のプロミスは大きな力となってくれるもの。

 

特にネットや電話、自動契約機で申し込みが行えるキャッシングやカードローンなどの借り入れ方法は、

 

その申請方法も簡単で、なおかつ審査もスピーディー。

 

平日の昼間であれば即日融資も可能なので、

 

今日や明日に差し迫ったお金の必要性にも十分に間に合わせることが可能です。

 

ただし、プロミスで借り入れする際には総量規制に注意しておきたいもの。

 

これは利用者がお金を借り入れる限度額を年収の3分の1までとするもので、

 

貸金業者がこれ以上の融資を行うと処罰の対象となってしまいます。

 

もちろんプロミスでもこの総量規制は遵守しており、

 

審査の際にもしも申請者が他社からの借り入れ額の総計が

 

総量規制を上回っていることが分かるとその時点で審査落ちとなってしまいます。

 

また、主婦でも借り入れが可能なプロミスですが、

 

この場合にも全くの無収入であればその限度額も

 

自動的にゼロとなりますので借り入れ許可が下りることはまず無いとみてよいでしょう。

 

もしも主婦や学生などがお金を借りるのであればバイトやパート、

 

内職などで何らかの収入を得ていることが条件となり、なおかつその金額を証明できる書類の提示が必要となります。

 

※フリーターや主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

プロミスカードローンの借入限度額

プロミスで利用できる金額の上限は500万円までになっていますが、

 

希望するだけで借入限度額をこの上限に設定してもらえることはなく、

 

新規契約時は50万円など低めの金額に設定されます。

 

これはプロミスのキャッシングが担保や連帯保証人を必要としない信用貸しになっているからであり、利用者の信用によって借入限度額が設定されます。

 

契約後、遅延を起こさずに借り入れと返済を続けていれば借入限度額を引き上げても問題ないと信用されます。

 

このときに増額の申請を行うと引き上げることができます。プロミスから増額の勧誘が来ることもあります。

 

しかし、遅延を起こしていたり、他社の利用状況などで信用を損なっていると、申請しても審査に落ちて引き上げできません。

 

また、プロミスは消費者金融であるため、どんなに信用を得ていても他の貸金業者も含めて借入限度額の合計が年収の3分の1までに制限されます。

 

借入限度額は引き上げだけでなく、引き下げも行えます。

 

引き下げることで返済の遅延が起きる可能性は低くなるため、申請するだけで対応してもらえます。

 

必要最小限の金額に留めることで万一紛失した際の被害を抑えられますが、後になってから元の金額に戻したくなった場合には審査が必要になります。

プロミスでお金を借りる時の申込みに必要な書類

プロミスでお金を借りるためには必要な書類があります。

 

まず本人確認書類としての運転免許証が必要です。

 

もしも運転免許証が無い場合には健康保険証+1点(例:住民票) とパスポートでも可能です。

 

借入総額によっては源泉徴収票などの収入証明書類と、個人事業主の場合には確定申告書のコピーなどが必要となります。

 

外国籍の人は在留カードか特別永住者証明書も必要になります。

 

※法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む

 

本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う場合には、現住所が記載されている発行日から6ヶ月以内の書類のコピーが必要です。

 

その際に必要になる書類は以下のいずれか1つです。

 

国税または地方税の領収書か請求書・納税証明書・社会保険料の領収書か請求書、電力会社や水道局やガス会社などの公共料金の領収書か請求書、住民票のコピーか住民票の記載事項証明書です。

 

また条件によっては年収証明書が必要になる場合もあります。

 

その条件とは借入残高が50万円超となる貸付け、または総借入残高が100万円超となる貸付けの場合です。

 

それらの条件に該当しない場合でも、年収等の資料を提出しなければならないこともあります。

 

従ってプロミスでの申し込みを希望する人は、所得証明書なども提出する準備をしておけば安心です。