ACマスターカード審査通過のコツ 一緒に他の会社に申し込まない

 

プロミス以外に当サイトおすすめのクレジットカード

 

最短即日発行可能なのが、ACマスターカードです。

 

年会費無料

 

10万円から利用可能で

 

限度額300万円まで

 

金利は10.0%−14.6%

 

近くのコンビにATMで支払い可能なのが便利でうれしいですね

 

一定の収入があれば、パートアルバイトの方でも審査後にカード発行できます。

 

ACマスターカード審査通過のコツ 一緒に他の会社に申し込まない

 

ACマスターカード審査通過のコツ 一緒に他の会社に申し込まない

 

ACマスターカード審査通過のコツ 一緒に他の会社に申し込まない

ACマスターカードから借りるとなると、もちろん審査を受ける必要があります。

 

それで合格ならば借りる事ができますし、不合格ならばお断りという事になります。

 

ところで合格不合格の基準の1つですが、他の会社への申し込みがあるのです。

 

同時の申し込みをしてしまっていると、不合格になってしまうケースがたまにあります。

 

そもそもACマスターカード以外にも、色々なカードがありますね。

 

ですので人によっては、他のカード会社に対して同時に申し込んでいる事があるのです。

 

しかし、それは行うべきではありません。

 

それだけで不合格になってしまうからです。

 

つまりこの会社でカードを作りたいと考えているのであれば、

 

ACマスターカード「だけ」の申し込みをしておくべきなのですね。

 

掛け持ちの申し込みは考えない方が良いでしょう。

 

ちなみに金融会社というのは、他の会社への申し込みの情報は必ず把握しています。

 

例えばある方がA社に申し込みをしていて、その前にB社で申し込んでいたとします。

 

その時には、A社はB社の情報を把握しています。

 

金融業界では、情報を共有できるシステムが完備されているからです。

 

つまり他の会社への申し込み情報は、必ず発覚する訳ですね。

 

ですのでACマスターカード1社のみで申し込みをするべきでしょう。

ACマスターカードが将来のある若い男性にはぴったり

 

ACマスターカード審査通過のコツ 一緒に他の会社に申し込まない

22歳の男性です。

 

東京都内に住んでいる私は、無事に就職活動が終わりました。

 

これからは、仕事をバリバリ頑張ろうと思います。給料も定期的に入ってくるので、ほしいものがたくさん買えます。親の仕送りに頼る必要もありません。

 

そんな未来の明るい私でも、お金に困ってしまう時があります。

 

特に高い洋服を買った時には、あっという間に財布の中か空っぽになってしまいます。

 

そんなときに役に立つのがACマスターカードです。

 

ACマスターカードはクレジットカードでお馴染みのをMasterCardが運営しています。

 

有名なクレジットカードなので信頼感も抜群です。

 

私が一番気に入っているのは金利です。

 

私が使う時にはいつも10%くらいで済みます。

 

これだけ金利が低いと、たくさん買い物をしてしまっても大丈夫です。

 

金利が高く、返しきれないようなことになることもありません。

 

将来の可能性が開けている私は、今のうちにどんどんお金を使って人生経験を積みたいです。

 

たくさんの買い物をしたいです。

 

僕のような若い男性には、ACマスターカードを作ることをおすすめします。

 

ACマスターカード審査も簡単で、使いやすいと思います。一枚持っていると心強いクレジットカードです。

 

 

事故歴の有無が見られるACマスターカード

 

ACマスターカードの審査には色々な基準がありますが、その1つは過去の事故の有無です。

 

事故と言っても、交通事故ではありません。他の会社で何らかの遅れが発生していたかどうかが、見られる事になります。

 

そもそも会社からお金を借りた時には、もちろん決められた日までに返す必要がありますね。

 

例えば毎月20日までに返さなければならないというルールになっているとします。その時には、もちろん20日に間に合わせる必要があるのです。

 

21日や23日などではありませんね。

 

ところが金融会社を利用している方の中には、21日や23日などになってしまっている事があるのです。

 

つまり遅れてしまった訳ですね。

 

そして支払いが遅れてしまっていると、たまに弁護士の方々に相談をする事もある訳です。

 

それで過去に借金の減額などを行っているとなると、事故として取り扱われる訳ですね。

 

そしてACマスターカードのシステムでは、そのような情報は全て閲覧できるようになっています。

 

つまり過去に減額手続きなどを行った方の場合は、ちょっとカードが発行が難しくなる事が多い訳です。

 

もっともそれは、ACマスターカードに限らず他の金融会社も共通しているのですが。

 

つまり「借金の整理手続きの有無」は、ACマスターカードの発行可否の基準の1つなのですね。